2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« Patients Gridの文化 | トップページ | Harvard Business Schoolで、Patients Gridを紹介 »

2012年1月26日 (木)

10年後のPatients Grid

昨年10月にアメリカを訪問した際、ボストン、ニューヨークの双方で、ピンクリボンウォークに遭遇した。その時ふと、Patients Gridも、十年後にはこうなりたい、と思ってしまった。

そのために、乗り越えなければならないことは沢山ある。
でも、患者も、家族も、支援者も、あのように楽しく時を共有できる場は素晴らしい。乳癌だけではなく、希少疾病についても、そのような場を創りたい。

« Patients Gridの文化 | トップページ | Harvard Business Schoolで、Patients Gridを紹介 »

コメント

今日ニュースで、がん患者の就業支援に関するシンポジウムが開催されたことを知りました。難病と、がん患者。病気は違えど、問題意識は共通しているのかもしれませんね。
http://www.cancer-work.jp/
ご参考まで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190847/53828191

この記事へのトラックバック一覧です: 10年後のPatients Grid:

« Patients Gridの文化 | トップページ | Harvard Business Schoolで、Patients Gridを紹介 »

Twitter